外貨預金とは?

近年日本の低金利を背景に外貨預金する人が増えているようです。
外貨預金というのは円預金に比べてリターンが大きいと考えられています。
もちろんその分リスクも大きいわけですが。
しかし株式投資と比べればリスクは小さいので、小規模な資産運用と言えます。
外貨預金を簡単に説明すると以下のようになります。
米ドル、ユーロなどの「外貨」で預ける預金のことです。
金利はその通貨ごとに異なります。
日本は低金利時代ですから金利が高い他国通貨で預ければ少し得をすることになります。
しかし為替によって必ずしも預金が増えるわけではありません。
満期時もしくは解約時の日本円での受取額は、為替相場の変動によって預金時の円貸額に比べて増減します。
つまり円高となった場合には損をします。
損をした場合には元本割れすることもあります。
元本割れとは預けた預金が減ってしまうということです。
これがリスクです。
しかし円安になれば得をします。
為替差益が得られて預金が増えるというわけです。
これがリターンです。
金融商品としては二種類あります。
外貨普通預金と外貨定期預金です。
しかしながら外貨預金はあまり魅力ある金融商品ではありません。
外貨預金は高金利で、しかも為替差益によって得をする商品と考えがちですがそうとも言えません。
なぜなら実は中間業者となる銀行が儲けのほとんどを持って行ってしまうからです。
一見すると高金利で得をしそうであっても落し穴はあります。
まず為替手数料が高いこと。
為替手数料が高いので少しくらい高金利や為替差益で儲けても預金は増えません。
そして顧客不利な為替レートを採用してること。
為替レートは一日一回決まるということです。
これは為替差益が得られるタイミングで為替することが難しいことを意味しています。
また外貨預金は預金保険の対象外となります。
つまり何か不足の事態が発生したときに預金が保証されないのです。
以上のことを考えると外貨預金はあまりすぐれた資産運用方法とは言えないのではないでしょうか?
もし外貨投資で資産運用をお考えならば、
外国為替保証金取引(FX)のほうが良いかもしれません。
FXができる証券会社サイトのリンク集を下に設置してありますので参考にしてみてください。

トップページへ戻る
Click Here!
◎ FXができる証券会社リンク集はこちら ◎

広告 [PR]  再就職支援 冷え対策 わけあり商品 無料レンタルサーバー