株式投資とは何でしょうか?
これは私個人の考え方ではありますが、
株式投資は資産運用ではありません。
何故ならば株式投資の本来の目的はお金儲けではないからです。
真の目的は資金の少ない会社に資金を提供することにあるからです。
資産家が将来有望だと思われる会社に資金を提供する。
その結果その会社が成功すれば提供した資金に応じて配当を貰えるという訳です。
つまり資金に余裕がある人物が慈善的な気持でやるべきものなのです。
成功しても失敗しても人生にかかわらないお金を提供するのです。
株式会社の目的もそこにあります。
会社は株を売って資金を集めるのです。
つまり株式投資というのは資金の乏しい我々が手を出すようなものではないのです。
近年ではミニ株などが売られ、
個人投資なども増えてきています。
数万円〜数十万円程度で株が買えるようになったからです。
しかし90%以上の人が損しているのが現状です。
主婦がお小遣い稼ぎや、家計の足しにしようと考えて始めることが多いと思いますが、
思ったように増えないのが現実です。
株式投資の仕組みは簡単です。
安く買って高く売れば儲かるのです。
しかし安くて将来有望な会社の株を買うのは容易ではありません。
将来必ず成功すると約束されている会社なんて存在しませんからね。
例えば近い将来ある医薬品メーカーが新薬を開発完成させる・・・
ある電気メーカーがすごい電化製品を発売する・・・
そんな情報を個人である我々がどうやって入手するのでしょうか?
インサイダー取引は法律で禁止されています。
しかし誰よりも早く裏情報を入手できるような力がなければ値上がりが確実な株なんて買えません。
つまりプロではない素人の投資家が儲けられるかどうかはギャンブルみたいなものなのです。
それは競馬やパチンコと変わりません。
勉強すれば儲かると思ってはいけません。
儲かるのは、ほんの一握りの人たちだけなのです。
そういう仕組になっているのです。
しかし競馬やパチンコなどと大きく異なることがあります。
それは社会貢献でもあるという点です。
成功する会社が増えれば日本経済も潤います。
雇用も生まれます。
つまり株式投資家がいなければ会社が成り立たないのも事実なのです。
銀行も貸し渋りが続く中、中小零細企業は資金集めに苦労しています。
そういう観点から見れば競馬やパチンコなどに投資するよりは、
はるかに有意義な投資だと言えます。
つまり、お金儲けが目的で株式投資を始めれば必ず損します。
生活資金を削ったり、借金をしたり、少ない資金を使って株式投資するのは
賢い判断ではありません。
冒頭でも書きましたが、
株式投資は、
資金が豊富にある人が、
社会貢献や慈善的な意味合い、
もしくは道楽的な意味合いで行うものであって、
決して資産運用のシステムではないのです。


株式投資とは?

トップページへ戻る
Click Here!
[PR]株や証券についてもっと詳しく知りたい実際にやってみたい方はこちら!
広告 [PR]  再就職支援 冷え対策 わけあり商品 無料レンタルサーバー