ペイオフ解禁とは?

ペイ(支払い)をオフ(しない)という意味ですから、

ペイオフとは支払いをしないという意味になります。

では何を支払わないかというと、

「もし銀行が破綻した場合でも、その預貯金は1000万円+利子分しか預貯金者に支払わない」

ということなのです。

もし3000万円預貯金があったとしても全額は戻って来なくなるのです。

今までは、もし銀行が破綻しても預貯金が全額保証されていました。

保険や税金投入などで保証されていたのです。

その状態をペイオフ凍結状態と言います。

そのペイオフが解禁されることになったのです。

では何故ペイオフを解禁する必要があるのでしょうか?

その最大の目的は「銀行経営の健全化」にあります。

今までは銀行側が大量の不良債権を抱えていても預貯金者は逃げませんでした。

それは預貯金が全額保証されていたからです。

しかし、ペイオフ解禁になればそうはいきません。

預貯金者、特に1000万以上の預貯金を持つ預金者は、より健全で安全な経営状態にある銀行へ集まっていくことになります。

つまり堕落した経営を続けている銀行は自然淘汰されていくのです。

これがペイオフ解禁の目的です。

それでは、我々預貯金者に何かメリットがあるのでしょうか?

実は何もありません・・・。

銀行にお金を預けていれば絶対安全だという「銀行の安全神話」が崩れることになるということは、

1000万円以上の預貯金を持つ場合には「自己責任」で銀行にお金を預けなければならなくなります。

つまり、預貯金者が自分で調べて経営状態の健全な銀行を探さなければいけないのです。

また、預貯金を複数の銀行に分散して預けておくなどの対策も必要となります。

多少のメリットがあるとすれば、それは莫大な税金が破綻した銀行へ湯水のように投入されることが無くなるぐらいです。

しかしまったく無くなる訳ではなく少なくなる程度です。

このペイオフ解禁で銀行経営が改善されるのか?

我々の預貯金資産運用がどうなるのか?

それはまだ分りません。


広告 [PR]  再就職支援 冷え対策 わけあり商品 無料レンタルサーバー